※ゲーム画像はクリックで拡大表示されます。
↓ご視聴はこちらから↓

Part12ができるまで

Part11にて、「禁じられた伝説」を完了しました。この後はウインターホールド大学クエストを最後まで進めて、アークメイジを目指します。
本当は順番に大学クエストを進めるつもりでしたが、今回のクエスト「猛勉強」をクリアできない(と言うより、動画として成り立たない)事が分かったため急遽、間に「禁じられた伝説」を入れて戦力強化を行ったという背景があります。
その戦力強化の甲斐はあったのでしょうか?

副題は、召喚者なる人物から持ちかけられる、ある「取引」から。ゆっくリンデはこの取引にどう応えるのか?


「猛勉強」の開始(0:13〜)

Part12方針 サールザルでの発見について、アルケイナエウムのウラッグから話を聞くように言われました。

しかしどうやら、関係する本をオーソーンという学生に持ち逃げされてしまったとか。
その本の回収のため、フェルグロウ砦に行く必要が有ります。

アンカノの演説。世に言う「逆襲のアンカノ」の始まりである 早速向かおうとすると、アンカノが話しかけてきます。どうやらサールザルの事を探っているようです。
なんとも、怪しそうな人物。


大公の石碑取得(2:44〜)

マーラ+王子、最強の布陣(魔法耐性+40%) フェルグロウ砦に向かう前に、更に準備をします。これまでずっと付けていた「魔術師の石碑」を外して、「大公の石碑」(防御+50、魔法耐性+25%)に入れ替え。

大公の石碑は、ドーンスターの南にあります。これで魔法耐性はマーラの使徒と合せて40%となります。ついでにちょっとマーラと王子による小芝居を。
これで王子は晴れてレギュラー化となりました。

本動画ではずっと服を着ているため、防御+50も重要だったりします。


フェルグロウ砦(5:35〜)

厄介な魔法の盾 と言うわけで、様々な準備を経てフェルグロウ砦にやってきました。
敵は魔術師が中心ですが、魔法の盾で防御するので厄介な相手です。不意を突いたり、他の人に押し付けたり。こちらに注意が向いてない時を狙うようにしましょう。
盾を展開される前に「二連の衝撃」が当たればこっちのもの。

中に入ったら、まず蜘蛛二体と魔術師一人。蜘蛛はどうってことないですが、魔術師は調子に乗るとマジカ不足になります。
レベルが低いうちは敵のマジカも少ないので、魔術師のマジカが切れるのを待った方が良いでしょう。

吸血鬼との共闘 先に進むと牢屋が有ります。捕まっているのは吸血鬼。ここの魔術師は、何かの研究を行っているようです。
通常吸血鬼は敵ですが、ここの吸血鬼は牢から出してあげると、魔術師達を攻撃してくれます。
放っておいても良いですが、ここは加勢してあげましょう。

付近の敵を倒すと、吸血鬼たちはそのまま帰っていきます。


オーソーン(9:40〜)

オーソーン登場 さらに進むと、また牢屋。しかし今度は普通の人が捕まっているようです。
この人がオーソーン。大学在学中にここの魔術師達と仲良くなってフェルグロウ砦に来たものの、実験材料として捕まってしまったようです。

オーソーンが大学から持ち出した本は、ここのリーダー、「召喚者」が持っていってしまったとのこと。
探しているのは本なので助ける義理は無いのですが、まあここは助けることにします。
ここをクリアするまでは一緒に戦ってくれますが、不死ではないので気を付けましょう。

段差にはまってさあ大変 一緒に進んだ先はいきなり難所で、魔術師が三人。オーソーンが居るとは言え、普通に戦うと運任せになります。
そこで、動画でやっているように、一人「揺ぎ無き力」で段差の向こうに吹っ飛ばしてしまえば、かなり楽になります。

なお、ここでは生きている吸血鬼を閉じ込めて破壊魔法で攻撃するという、非人道的な訓練が行われています。容赦なく倒してしまいましょう。


図書館へ(12:50〜)

ルーンマスターの恐るべき射程 先程の難所さえ越えれば、あとは何とかなります。オーソーンは召喚魔法を使うので戦力として期待できますが、死にやすいのでそこだけ注意しましょう。

そして図書館に出ます。ここに目当ての本は有りませんが、破壊魔法のスキル本が置いてあります。ちょうどレベル6目前だったので、今回はそのまま読んでレベルアップします。
そして取得するスキルは、ついに来ました「ルーンマスター」!私の大好きな罠魔法が一気に輝くときです。
次に控えるボス、召喚者戦で早速その威力を発揮します。


外道対外道(対召喚者)(17:45〜)

召喚者と取引中。オーソーンの運命やいかに 一番奥には召喚者と名乗るフェルグロウ砦のボスと対決。
ここでは召喚者と取引ができます。オーソーンを置いていくと、取引が成立して戦闘無しで本を手に入れられます。
まあ、その場合オーソーンがこの後どうなるのかは分かりませんが…

汚ねえ花火弾真打!何が起きたのかは動画の方で 彼女達のここまでの所業を見る限り、やはり許すことはできませんので成敗します。
ただし、まともに戦った事のある方は分かると思いますが、召喚者はかなり強いです。炎の精霊が出てきますし、回復も厄介。
取引で騙して不意打ちの一撃を喰らわせる事はできるので、その一撃で一気にケリを付ける方法を考えてみました。

結果、本動画のように、実に汚い手で召喚者を葬ることができました。うん、今見返しても非道。
コメントで指摘されている通り、最後の罠に関するセリフは「ダイの大冒険」から死神キルバーンのセリフ。私の大好きな漫画の一つです。

これにてPart12終了。順調ですね。この本に、何が書いてあるのでしょうか?
引き続きウィンターホールド大学のクエストを消化していきます。


コメント返し

場所頂いたコメント回答
「猛勉強」の開始アンカノ嫌いアンカノは初登場時から悪役風で、最後まで悪役を貫き通すというSkyrimではむしろ珍しいキャラですね。容赦なく殺せると言う意味では好きなキャラです。
彼の行動に同情できる余地が無いので、動画作成上も非常に扱いやすいキャラでした。
シャアを被せたのは…完全に趣味ですねえ。まあサルモールの主張とちょっと近いかも?
大公の石碑取得大公=王子前回一発ネタのつもりで登場させた王子。でもそこそこ素材も有るし、ニコニコ動画でも人気者だし…
と言うことで今回からレギュラー化してもらうことになりました。
頑張ってヘタレてもらいましょう!
フェルグロウ砦魔術を極めし見習いコメントでは予想以上に人気者でびっくりしました。基本的に魔術師タイプは大口叩くのが多いですね。
フェルグロウ砦では魔法練習中の魔術師が居たりと、大学クエストらしい演出が多くて良いですね。プレイするときついけど。
オーソーンオーソーンの扱いみなぎる小物臭。どこか憎めないオーソーンです。
最初は攻略の邪魔になるので一人で帰らそうと思ったのですが、すごく残念そうにしてたので一緒に来て貰う事にしました。
オーソーン練習中の魔術師「揺ぎ無き力」で段差の向こうに吹き飛ばしたのは、ただの偶然だったりします。まあ結果オーライと言うことで。
対召喚者汚ねえ花火弾・真打不意打ちで先制攻撃できるものの、一撃では倒せない。ここはどう戦うか迷いました。
と言うことで一回の先制攻撃で倒せる技となりましたが、最初はタイミングが合わず諦めかけた事もありました。何事も、諦めないのが肝心ということですね!

Part11へ← →Part13へ


Last-modified: 2013-02-19 (火) 14:29:00 (2401d)