※ゲーム画像はクリックで拡大表示されます。
↓ご視聴はこちらから↓

Part15ができるまで

たくさんの新しい敵が出てきたムズルフトも、後はイベントを残すのみ。さくっとマグナスの杖を回収に…と思ったら予想外の事態に。

今回はラビリンシアンまでの繋ぎの展開が待っています。
戦闘は少な目ですが、「あの男」が大学を大変な状況にしてしまいます。副題もその暴走から。


ムズルフト展望台(0:13〜)

パラトゥス・デシミウス 前回の最後でスパイダーを倒した部屋に有った鍵で、展望台に入ることができます。その奥にはサイノッドの学者が一人。
入り口のガヴロスが死ぬ間際に言ってたパラトゥスです。

ガヴロスが死んだことを知って嘆くパラトゥスですが、途中で回収したクリスタルを見せると大喜び。プロジェクトが再開できると言います。
こちらがウインターホールド大学の人間と知ってちょっと躊躇しますが、プロジェクトとやらを見せてくれるそうです。

ラビリンシアンに何が? どうやらドゥーマーの遺跡を使って何かしようとしたようですが…手伝ってあげた結果、壁に投影されたのはタムリエルの地図。パラトゥスが考えていたものとは違ったようです。

どうやら、大学とラビリンシアンに「何か」が有るらしいとの事。大学がマグナスの目なら、ラビリンシアンにマグナスの杖?

ネリエン再登場 最後にネリエンが再登場。サールザル以来です。
いったん大学に戻るよう助言してきます。


暴走のアンカノ(4:08〜)

サボス、最後の雄姿 大学に戻ってきたら、何やら騒がしいです。
アンカノがマグナスの目に何かして、シールドが発生してしまったとか。しばらくすると中に入れますが、アンカノが再びシールドを張り、みんな吹っ飛ばされてしまいます。
アンカノは引き続きシャア扱いです。(カウントダウンは、Zガンダム第一話でアーガマの援護射撃を待つ時のもの)

ミラベルとゆっくリンデは何とか大丈夫ですが、サボスの姿が見えません。どう吹っ飛んだのか分かりませんが、外に投げ出されてます。


サボスの死とウインターホールドの危機(6:23〜)

アークメイジが…死んだ? 外の広場に出ると、サボスはそこに居ましたが…既に事切れていました。トルフディルによると、街の方にも異変が起きているとの事。

アンカノの方はミラベルとトルフディルに任せて、ゆっくリンデ、ファラルダ、アーニエルの三人で街の防衛に向かいます。
…おっと、忘れていました。赤兎もまた、防衛に協力してくれます。

赤兎の真の姿、見るが良い!弱いけど! ここで出てくるのは「異形魔法」。人魂のように、ゆらゆらしています。ミサイル系で直接当てるのは意外と面倒なので、範囲魔法や素人魔法、マントで削りましょう。
という事で、赤兎+炎のマントで騎馬攻撃。「無双突撃陣・赤兎」!そう、この炎を纏った姿こそが、赤兎の真の姿だったのです。

…ただし弱いです。とやってるうちに、ドラゴンまで来ました。異形魔法は一体一体は大したことはないですが、何しろ10体居ます。面倒です。
最後に残ったドラゴンは、三人+一頭で袋叩き。正直、赤兎が一番役に立ちました。


ラビリンシアンへ(11:05〜)

いざ、ラビリンシアンへ 街の方は片付いたので、ミラベルの所に戻ります。残念ながらこちらは進展無し。
ミラベルは、この状況の収拾をマグナスの杖に託します。取りに行くのはもちろん、ゆっくリンデ。

ミラベルは、行き先がラビリンシアンと知ると驚きます。生前のサボスからラビリンシアンに関係するアイテムを託されていたようです。
ネックレスのようですが、これを託されいざラビリンシアンへ。ついでに、サボスの持っていたアミュレットも貰います。(マジカ+50)

禁断のハメ技、死の舞踏!ご利用は計画的に ラビリンシアンはモーサルとホワイトランの途中にある遺跡で、ここを通れば近道になるのですが、危険なので普通は遠回りして行くとか。
そう、ここにはあの白い悪魔、フロストトロールが居るのです。しかも複数。

さすがにここを正攻法で戦うのは厳しいので、禁断の秘儀を説明も兼ねて披露。
ちょうど先ほど手に入れたサボスのアミュレットのように、マジカ最大値を上げてくれる装備を、マジカ0の時に装備します。 すると、マジカがその装備のポイント分増えますので…もうマジカ切れの心配はありません。

あまりに卑怯なため、もう使いません。破壊魔法プレイで詰まってしまった方は、これで突破してみてください。ちょっと操作が忙しいですけど。


ラビリンシアン内部へ(15:12〜)

宝探しに来た昔の大学一行 というわけで遺跡の入り口に着いたのですが、何とそこに居たのはサボス…の亡霊?
気が付けば、サボスを含め6人の人間が…どうやら、過去の記憶が再現されているようなのです。

メンバーは、サボス、光を取り込む者、アトマー、ガーデュイン、氷拳のハフナー、エルヴァリ・ヴェーレン。若き日のサボスの大学の同期達で、宝探しに来たようす。

ちなみに、もらったネックレスは、実は入り口の扉の取っ手でした。これをくっ付けて、中に入ります。

意外と弱い、スケルタル・ドラゴン 中に入ると、いきなりたくさんのスケルトンと、スケルタル・ドラゴンの登場です。ただし、スケルタル・ドラゴンはある程度進まないと出てこないので、まずスケルトンを一掃しておきましょう。

スケルタル・ドラゴンは骨だけのせいか、普通のドラゴンより弱く、体力半分くらい、かつ魔法に弱いです。(魔法耐性−100%、つまり倍のダメージ)
事前の炎の罠と、マジカ全部を使ってのファイアボルトでぎりぎり倒せました。

ガーデュイン、ラビリンシアンに死す 先に進むとまたサボス達パーティーが。5人になってます。どうやら、さっきの所でガーデュインを置き去りにしてしまったようです。

彼らには戻ってガーデュインを助けるだけの戦力が無く、彼を見捨てて先に進むことを選択します。


おまけ(13:36〜)

ミラベル…アンカノはいいの? 通常はそのままラビリンシアンを進めていくのですが、このタイミングで大学の一部キャラが専用セリフになります。その一覧をご紹介。

アンカノと戦ってるはずのトルフディルとミラベルが、普通に部屋でくつろいでいたりします。

これにてPart15終了。
マグナスの杖を求めて奥に進むゆっくリンデと、かつて宝探しにやって来たサボス達の記憶。この二つを軸に、ラビリンシアンを進めていきます。


コメント返し

場所頂いたコメント回答
最初バイオショックやってバイオショックは1だけですが、プレイ済みです。あれも面白いですよね、ゲーム自体も、段々ストーリーが明らかになっていく展開も。
最初破壊魔法にはまった布教活動が順調に進んでいるようで何よりです。そこのあなたも是非!
ムズルフト展望台パラトゥスの人気の無さまあ、この人が悪く言われるのも仕方ないですね。かなり理不尽な怒られ方をしますし。
ミラベルも、「サイノッドは権力争いばかりしている」と言ってましたしね。
暴走のアンカノサボス…きっと凄い能力でも持っているのだろう、と思わせておいて、あまりにもあっけない最後を迎えてしまうサボス。
もうちょっと見せ場が有っても良かったのではないでしょうか…
無双突撃陣りょ、呂布だー!この頃のSkyrimはまだ騎乗攻撃が実装されていないバージョンで、MODが必要でした。
しかし、MODなんか無くたって、騎乗戦闘はできる!という意気込みで作りました。
ちなみに、私がプレイしたことある無双は、三国無双3、4、無双OROCHIのみです。
無双突撃陣使えなくても敢えて使っていく心意気そう!大事なのは実用性ではありません!ああ、愛。愛!
ラビリンシアン内部へボスを倒せるか?皆さん、心配されてますね。私も心配でした。決着は次回、Part16で!
おまけパンを食うミラベル動画を作るに当たって、できるだけ珍しい会話を拾って行きたいと思っていました。ここの特殊会話なんて、多分動画を作らなければ一生気付かなかったでしょうね。いつもSkyrimの奥深さには驚かされます。

Part14へ← →Part16へ


Last-modified: 2013-02-19 (火) 15:21:00 (2339d)