※ゲーム画像はクリックで拡大表示されます。
↓ご視聴はこちらから↓

Part24ができるまで

モーサルの従士は1パートでさっくり達成しましたので、この調子でファルクリースへ…

正直ファルクリースは地味なので盛り上がりに欠けるかなーと心配していたのですが、意外な出会いがありました。
サムネは、なんか気が付いてたら作ってたロマサガ風戦闘場面で。おまけの素材です。


ファルクリースへの道(0:31〜)

騎乗戦闘を見せてやる!…が、縛り的に使う事はできない いつもは馬車を使ってますが、ちょうどこの頃Skyrimのバージョン1.6へのアップデートがあったので紹介がてら、馬で移動します。
この時のバージョンアップの目玉は馬上で剣や弓が使えるというもの。ここまできたら、是非魔法も対応して欲しいのですが。

途中でドラゴンが襲ってきました。いつも何気なく戦ってるドラゴンですが、本当のところどれくらいの体力なのか、難易度ベリーハードの設定が正しいかチェックしてみました。

ファルクリース首長シドゲイル そして辿り着いたファルクリース。まずは首長のシドゲイルに会ってみます。
この人、いわゆる親の七光りで、叔父が勤めていた首長の座を譲り受け、政務は部下に任せて気ままに暮らしているようです。

露骨に賄賂として酒を要求され、その後は山賊退治を頼まれました。
ただ普通の山賊退治でなく、裏で手を組んで報酬を山分けしていたが、そろそろ邪魔なので始末して欲しいと言うもの。

なかなかの下衆っぷりですが、かといって山賊を放置できないので引き受けます。


山賊討伐(4:46〜)

おい今戦闘中!! 指定された山賊のアジトはナイフポイント・リッジ。結構高く組み上げられた櫓に落石の罠と、なかなか堅牢なアジトに見えます。

で、目の前に山賊がやって来たところで予期せぬ遭遇。
「逃亡者」に話しかけられました。いや今、戦ってる最中なんですけど!

強制的に話しかけられるイベントはいくつかありますが、会話中は何も出来なくなってしまいますので、タイミングが悪いと今回のように一方的に殴られます。

この時は死んでリロードを覚悟したのですが、何とここで落石の罠が近くの山賊に当たって生き残ると言う奇跡!
逃亡者はゆっくリンデに剣を託して、どこかに消えて行きました。

狩人マン、ただいま参上!! 九死に一生を得たゆっくリンデですが、山賊から一方的にやられたダメージで瀕死の状態。
櫓を切り抜けて安心して奥に進んだら、まだ山賊が結構残ってました。

今度こそ駄目か、と言う時に今度は先ほどの逃亡者を追って「狩人」が登場。ここ、山賊のアジトど真ん中なんですけど。

剣を返すと(褒美:1ゴールド!)逃亡者を追いかけて行くのですが、まだ山賊が残っていたので、狩人が片付けてくれました。結構強い。
山賊をすべて片付け、颯爽と逃亡者を追って消えていくのでした。岩につまづきながら。

そのまま忘れてしまいそうになりましたが、奥にいた山賊のボスを倒して依頼完了。


先代首長の依頼(8:21〜)

先代首長。まだまだ元気 山賊を退治して、従士クエストに移行します。ここで必要な人助けは3つ。

さて、ファルクリースを一通り見て回ると、酒場に先代首長、ストゥーンのデンジェールがいました。
話を聞くと、ストームクロークの肩を持ったために無理矢理引退させられたと言います。

どうやら帝国軍のスパイがうろうろしていると信じているらしく、鍛冶屋のロッドが帝国と何か密約を交わしてるから証拠として手紙を持って来いと依頼してきます。

またしてもドラゴン 鍛冶屋のロッドの家は鍵がかかってるので、前回同様、鍵の解除のために塔の石碑に切り替える必要が有ります。

ここで今回2回目のドラゴンが飛んできましたので、今度は色々使いどころのある優秀なシャウト、「時間減速」をお披露目。
短い時間ですが、特に遠距離攻撃してくる相手に安全に接近戦を挑む場合などに使えるシャウトです。

倒したドラゴンは吹っ飛びやすいので、たまには飛ばして遊びましょう。見物人も律儀に追いかけていきます。

疑り深い先代首長 ドラゴンを撃退して、鍛冶屋のロッドの家に潜入。確かに手紙が有りましたが、別に密約とか、そういった類のものでは無さそう。

とりあえずデンジェールの所に持っていくと、暗号なんじゃないかと疑ったり、帝国と取引しているのは確かだと言ったり…
まあ、何はともあれクリアです。(人助けフラグ+1)

なお、デンジェールはこの後別の依頼をしてくるのですが、こちらのレベルが足りず、選択肢が出てきませんでした。
何しろまだレベル8ですからね。


ルニルの依頼(12:28〜)

墓守ルニル 他に観光すべき場所は…ファルクリースと言えば墓場、そんな感じでしょうか。

ファルクリースは元々戦争が多いところで、そこに墓場ができ、街に発展してきた歴史があります。 そのせいか、全体的に寂しげな雰囲気で、メインクエストからも置いてけぼりです。

で、ここの墓守をしているルニルさんは意外にもゆっくリンデと同じハイエルフ。過去の戦争では、魔法で多くの兵士を殺したそうです。その後悔が、アーケイに仕えるきっかけになったとか。

そのルニルさんですが、置いてきてしまった日記を取りに行って欲しいとの事。取ってきてあげる事にします。

エンバーシャードにて ルニルが指定した場所は、ファルクリース北東、リバーウッド近くのエンバーシャードという鉱山。

そんなに難しい場所ではなく、弱めの山賊が少し居る位です。
ここは固定で千里眼の魔法(幻惑)がありますので、序盤に取りに来ても良いかも知れませんね。

見つけた日記を読むと、彼はハイエルフには珍しくタロス崇拝者で、サルモールから身を隠すためファルクリースに逃げてきた事が分かります。
30年前の大戦ではアルドメリの魔闘士小隊長として、前作Oblivionで出てきた街、シェイディンハルで戦っていたようです。
(ただ、これは彼の見た夢の中での記述なので、実際のところは不明)

ここでレベル9に上がりました。


ファルクリースの従士と今後の展開(17:10〜)

ファルクリースの従士任命 日記を持ち帰って酒場にいたルニルに渡すと、人助けフラグ+1。
そして、その酒場に居たタジェールという人に話すと、隣に居るルニルに「ベリットの灰」を渡して欲しいと頼まれ、あっという間に人助けフラグは3になりました。

これにて晴れてファルクリースの従士に。ファルクリースが従士になるには一番簡単かも知れません。

また、最初にもお話しましたが、内戦やレベル上限の関係で、ウインドヘルム、マルカルス、ドーンスターの従士になれない事が判明しています。
仕方ないので、これらの街は代表的なクエストを巡っていく事にしました。


おまけ(19:11〜)

ロマサガ風レベルアップ1 本編でレベル制限について触れましたので、おまけでレベルアップについて少し説明する事にしました。

と言いますか、もっと序盤の内に説明するつもりだったのですが、説明のタイミングを逃していました。

このロマサガ風のレベルアップ画面は…何故自分でも作ろうと思ったのか良く分かりません…。
一応、上からマグナス?(雷)、王子?(氷)、マーラ?(炎)、ゆっくリンデです。

ロマサガ風レベルアップ2(何が変わった?) 本シリーズでは破壊と話術のみのプレイとなりますので、レベル計算は非常に簡単です。

Skyrimではスキルアップすると、分野に関係なくその時のスキルポイントが経験値として加算され、その値が
「(現在のレベル+3)*25」
を越えるとレベルアップです。

話術は必要最小限しか上げてませんので、純粋に破壊だけ上げるとレベル17が最大となります。

これにてPart24完了です。
前述の通り、第二部は従士になるのが目的だったのに、早々の方針転換です。 次の目的は、途中で止めてしまったソリチュードの従士となるのですが…

続きをやるためには、レベルを10に上げなければなりません。
今回レベル9に上がったばかりなので、少し戦闘をこなす必要が有ります。そのターゲットとなるのは?


コメント返し

場所頂いたコメント回答
ファルクリースへの道騎乗戦闘パッチ結構要望が多くて独自MODも作られてた騎乗戦闘。正直、公式サポートされるとは思ってませんでした。ベセスダってやっぱり凄い。
これが出た当時(2012年7月30日)は騎乗魔法もすぐ使えるようになるんだろうなーと思ってたら、そっちは来ませんでした。
馬で敵陣を突破しながらファイアストームとか、やってみたいんですけどね。
ファルクリースへの道首長シドゲイルはクズか否か特に仕事らしい仕事もせず、気ままに暮らしているように見えるシドゲイル。
コメントを見ると、自分が帝国に据えられた傀儡である事を理解しており、その役割に徹しているという考察も有ります。
なるほど。確かに彼はストームクロークの肩を持って失脚した叔父を見ているはずですからね。興味深い考察です。
山賊討伐逃亡者あるある他にもドラゴンと戦闘中に現れて一緒に炎で炙られるとか、色々やらかしてくれる強制会話。
今回は死を覚悟したゆっくリンデを落石の罠が救ってくれました。
オールドオークといい、何だかこのシリーズは運に恵まれている気がします。
先代首長の依頼ジョジョネタ(ジョルノ)改めてジョジョネタやガンダムネタの出現率が高いですねえ。
いかに普段こういったネタに依存しているかと言う事です。
こういう、ネタ元にされるものを作り出せる人は本当に凄いと思います。
ルニルの依頼破壊スキルの上がりやすさコメントに有りました「消費と与えたダメージ依存」で正しいようですね。
例えば氷無効のドワーフロボットにいくら氷魔法を当てても、スキルアップしませんでした。
雷の罠はすべての魔法の中でもっともダメージ効率の悪い魔法ですので、逆に言うとスキルアップにはもってこいなのです。

ちなみに、付呪などで消費を0にしてもスキルは上がります。恐らく、削減前のベースコストを見ているのだと思います。
ルニルの依頼ルニルのセリフ「一分たりとも無駄にしないように」このセリフは、意図的にカットしませんでした。
コメントにもありましたが、ゲーム内のセリフとは言え、耳を傾けるべき言葉だと思いましたので。
おまけドットレベルアップと言えば「愛がアップ」。ロマサガの画面キャプチャをベースにして、ポチポチと。
といいつつ、ドットっぽくないところもあります。
昔はよく、方眼紙でドット絵を作っていたものです。

Part23へ← →Part25へ


Last-modified: 2013-03-05 (火) 17:38:00 (2468d)