※ゲーム画像はクリックで拡大表示されます。
↓ご視聴はこちらから↓

Part46ができるまで

前回破壊スキル本をすべて読み終わり、破壊スキルは96。そろそろ終わりが見えてきました。

今回も、敵が多めのダンジョン中心に2本立てで攻略します。
今回の活躍は罠だったり、雷だったり。

副題はどちらのダンジョンも共通して、「無二の存在」を失った事が発端になっていることからです。


アンシルヴァンド(0:12〜)

アンシルヴァンドにて。少し分かりにくいですが、ドラウグルに穴を掘らせる魔術師の図 さて、今回まず訪れたのはアンシルヴァンド。
ここはなぜか、魔術師とドラウグルが共存しています。

というか、魔術師がドラウグルを使役しているようです。
魔術師達はドラウグルに穴を掘らせているようですが… 一体何が起きているのでしょうか?

ルア・アル・スカベン(の声) と、ここで突然女性の声が脳内に…!
どうやら、声の主、ルア・アル・スカベンという人物が、ドラウグルを操っているようです。

しばらく進むと、彼女の日記が。
どうやら帝国に彼女の夫が殺されたらしく、その恨みを晴らすため、ドラウグルの軍隊を作って帝国と戦争を起こそうとしているようです。
穴を掘らせているのは、地下墓地に眠るドラウグルを見付けるため。


数々の罠とスカベン(3:32〜)

楽しい罠その1。ざくざく斬れます このまま放置すればスカイリムが大変な事に!
ゆっくリンデはスカベンを探します。

さてこのスカベン、侵入者を警戒してか、数多くの罠を仕掛けています。
罠となれば黙ってられないゆっくリンデ一行。
色んな罠を試してみるのでした。

まずはギロチンの罠。

楽しい罠その2。派手に飛びます そして通常とは違う方向に取り付けられた扉の罠。
他にも前パートの最後のように床がせり上がる罠など。

調子に乗った「わたし」に翻弄されながらも、ゆっくリンデはついに最深部へ。
そこにはスカベンと、彼女に無理やり協力させられている太古の英雄、フョリとホルゲールのドラウグルが。

実はかなり強いスカベン。ならば先手必勝… 実はこのスカベン、こちらで言う冷気強化2段階に相当するスキルを持っており、かなり強いです。
アイススパイクを一発喰らうだけで瀕死+大幅な移動速度減少で、ほぼ死亡確定。

と言うことで、襲ってくる前のしゃべっている間に倒してしまう、いつもの「汚ねえ花火弾」で。
フョリもホルゲールも開放されて大団円?報酬はゴーストブレイドです。

スカベンの夫は30年前の帝国とサルモールの戦争で戦死したようです。夫は帝国軍兵士だったようですが、大切な夫を失ったスカベンの狂気は、帝国への復讐へと向かってしまったのでした。


ムジョルの依頼(7:46〜)

雌ライオンのムジョルと付き添いのアエリン さて、本日の後半はまずリフテンへ。ここで「雌ライオンのムジョル」に会います。
このムジョル、レベル14になるとかつての彼女の愛剣、「グリムシーバー」を探すというクエストが受けられるようになります。

彼女によると、以前ブラックリーチでも行った「ムジンチャレフト」を冒険した際、ドワーフセンチュリオンに出会ってしまい、命からがら逃げ出したそうです。グリムシーバーもそこで無くしてしまったとか。

と言うことで、ムジョルのためにグリムシーバーの探索開始です。

今回は地上からムジンチャレフトへ 以前ブラックリーチに行った時は、ムジンチャレフトの地下(門番小屋)、およびムジンチャレフトの大リフトを通りました。
このうち、地上からアクセスできるのは大リフトです。

大リフトのすぐ近くに地上から入れる遺跡入り口があります。
山賊がアジト代わりに使ってますが、所詮は山賊。どうと言うことはありません。


ムジンチャレフトへ(10:42〜)

山賊対ドワーフスフィア。やっぱりロボ有利 ムジンチャレフトの中でも、浅い階層では山賊が中心です。
なお、闇の一党クエストを進めていると、別件(マルリルを殺す)で来る事になります。

進んでいくと、山賊達とドワーフスフィアが戦っています。
どうやら山賊達がこの遺跡を進んでいる内に出会ってしまったようです。

うまく立ち回って…と言いたい所でしたが、山賊は弱くてほとんど役に立ちませんでした。

箱入り娘 ここを抜けると再びドワーフスフィア2体です。うまくパイプを利用すると、安全地帯で戦うことも出来ます。

ただ、今回はもう一つの安全地帯、スイッチで動作する柵を利用して小部屋に閉じこもり、マントと罠で倒します。

このスイッチで柵を開けて先に行くと、エレベーター。地下に行きます。

ベタ過ぎるネタ、ファルメル落とし! 地下に降りると、今度はドワーフロボットが居なくなり、ファルメルが出てきました。
(一匹だけですが、シャウラスも居ます)
遺跡の中だと言うのに、やたら天井が高いです。そう、ここはもうブラックリーチ。

ファルメルはアイスストームで巻き込みつつ、高所から落として遊びつつ、先に進みます。
そして、最後のエリア「ムジンチャレフトの門番小屋」へ。
せっかくなので、ファルメルも連れて行きました。

秘奥義!喧嘩両成敗! 最後はムジョルの言った通り、ドワーフ・センチュリオンが登場。ドワーフスフィアも出てきます。
先ほどファルメルを連れて来たので、ロボットコンビとファルメルコンビの戦いが始まりました。

…が、圧倒的にファルメルが不利なので、手伝ってあげましょう。二連の衝撃で戦局は思いのままです。 最後は両方まとめて原子分解でお別れ。


ムジンチャレフト攻略後(11:32〜)

グリムシーバー 無事遺跡を攻略し、ムジョルが無くしたグリムシーバーも発見しました。
これで完了なのですが、ここはブラックリーチとも繋がってますので、ちょっと見ておきましょう。

アルフタンドと同じ、アチューンメント・スフィアをはめ込む台座が有ります。セプティマスから貰ったスフィアはまだ持っている(というか、捨てられない)ので、ここで使えばブラックリーチと繋がります。

最後にムジョルに報告。
彼女はコンパニオンになってくれますが、本動画ではスルー。
まあ、連れて行ってもうるさいですしね。

これにてPart46終了。
破壊スキルが98となり、保留していたレベルアップも実行。(スキルは未取得)
最終破壊スキルまであと2、スキルもあと2。いよいよ、達人の座が近付いてきました。

ちなみに、この後体調を崩して2週間ほど空けてしまいました。
定期的にきっちりUPしている人は、本当に凄いと思いますね。


コメント返し

場所頂いたコメント回答
アンシルヴァンドスカベンはうるさい何も知らずにここに来ると、何よりもその音量にぎょっとしますよね。まったく、人が悪い。
動画でも書きましたが、音量4割減にしました。それでも大きいくらい。
アンシルヴァンド「フョリとホルゲール」の本が実はヒントにまあ、えらそうに言ってますが私も知らなかったわけで…。
通常は下に埋まってる石像を参考にすれば良いかと。
数々の罠とスカベンキレテナーイ最初はスイッチ押したら即ざっくり、と思ってたんですが、何と刃が届かない。
これは失敗か?と思ったら解凍後に大変な事になりました。めでたしめでたし、です。
数々の罠とスカベンビンタマシーン普段と方向の異なるビンタマシーン。これはもう、使わなければ失礼に当たると言うもの。
当たればそのまま下に落ちていくのも高ポイント。感動的ですらあります。
数々の罠とスカベンスカベンは強い敵の魔法が強いのは周知の事実。そして魔術師タイプとは言え、それなりに体力も有る。
まあ、魔術師プレイのハンデは今更言うまでもありません。なればこそ、この動画の意義が有るというものです。
といいつつ、完全にごり押しになっちゃいましたけど…
ムジョルの依頼名物キャラ、ムジョルもはや説明不要、ある意味人気者のムジョル。
距離を置いて付き合えば良い人なんですけどね。
幸いと言うべきか、本動画はコンパニオン無しなので、良い人で終わります。
ムジョルの依頼アエリンは邪魔これも説明不要、ムジョルのためならどこまでも。ムジョルがドヴァキンの嫁になってもお構いなし。
スカイリム随一のストーカー、アエリンは今日も元気です。アエリン死んでもムジョルはノーリアクションですが、そんな事は気にしない。
ムジンチャレフトへファルメル落とし予想付いた方もいらっしゃったようですが、やはり赤い人が味方のこの動画において、彼の乗艦である「ファルメル」の名を冠する敵が居る以上、このネタは避けては通れないものでした。
ちなみに、こんなどうでも良いネタのために30回ほどリトライしました…
ムジンチャレフトへ喧嘩両成敗私自身、マント系でこんな使い方が出来るとは盲点でしたね。
もしこの動画を作ろうと思い立ってなかったら、私一人ではこんな使い方は気付けなかったでしょう。
本動画の技の数々は、間違いなく皆さんのお陰で生まれております。

Part45へ← →Part47へ


Last-modified: 2013-04-27 (土) 01:32:00 (2334d)