※ゲーム画像はクリックで拡大表示されます。
↓ご視聴はこちらから↓

Part41ができるまで

ブラックリーチで無事30個のクリムゾン・ニルンルートを集めたゆっくリンデ。
この勢いで、ブラックリーチ完全攻略を目指し、残る「静かなる街」に進みます。

また、このパートが2013年最初の投稿となりました。
サムネは最初考えていなかったのですが、ランダム一発目でいきなり良いのが出たので採用しました。


原子分解検証(0:12〜)

3体撃破! 前回パートの最後でレベルアップし、属性強化2段階となった雷。
引き続き、この雷を使って進んでいきます。

静かなる街の地下(地下墓地)から潜入すると、そこはファルメルの巣。

しかし、今のゆっくリンデならものともしません。 再びチェイン・ライトニングの藻屑となってもらいました。

ファルメルに飼われる人々 地下墓地を抜けた先は「ポンプ施設」という場所。
意外にも、ここでは普通の人間が出てきます。しかし…

彼らは「ファルメルの召使い」。どんな経緯があったのか分かりませんが、ファルメルの手下として襲ってきます。

正気に戻す方法は無いので、倒さざるを得ません。

さてこの召使い達、体力も少なく、大して強くありません。
数だけは多いので、ちょっと原子分解の実験台とさせていただきました。

ザラキッ!! 「議論の間」にて、まずは雷のマント。
雷のマントでも原子分解は発動します。そして、雷のマントは唱えた直後に効果が発生します。

と、言う事は瀕死の敵の中心で雷のマントを使えば…?
実用性ゼロの即死呪文、お楽しみください。

ちなみに、今回の検証で、マント系は二連の唱えにするとダメージを与える範囲が広がる事を知りました。
まだまだ、破壊魔法は奥が深いですね。

ギガデインッ!! お次は「熟考の間」。今度も同様に瀕死の敵を集めて…

チェインライトニングでチェインの限界数を探ってみました。
私調査の結果は最大8体。

しかし、いまいち安定しないのでもっと行けるかも知れません。
チェインの法則性がはっきりしないんですよね。


静かなる街殲滅戦(5:04〜)

卑怯とは言うまいね 検証も終わったので、静かなる街に残った敵を殲滅してみます。

静かなる街の建物は、旋風の疾走で屋根に乗る事ができます。
そうすると弓以外の攻撃は受けなくなりますので、安全に敵を倒せます。

罠やチェインライトニングを使えば、こちらから見えなくても攻撃を当てる事ができます。

屍累々 そんなこんなで、静かなる街も全滅。かと思いきや…?

まだ、残っている敵がいるのです。

謎のドラゴン、ヴュルスリョル 静かなる街の中心にぶら下がっているオーブ。ここに「揺ぎ無き力」を当てると、隠しドラゴンが登場します。

その名は「ヴュルスリョル(闇/大君主/炎)」。
なぜここに居るのか、いつから居るのか、すべて謎に包まれています。

せっかくの登場ですが、今のゆっくリンデにかなうはずも無く…
二連の衝撃で何も出来ないまま、仰向けになって死んでしまうのでありました。


星霜の書(9:26〜)

ついに手に入れた星霜の書 さて、ムザークの塔の中には、ムズルフトのように何やら操作する機械が有りました。

ムズルフトと操作手順は若干異なりますが、セプティマスから借りたキューブをセットしてボタンを何度か押すと、遂に探していた「星霜の書」と対面。

キューブも忘れずに回収しておきましょう。
なお、このキューブには先ほどの機械で星霜の書の内容が書き込まれたようです。

ドゥーマーは、直接見れば視力を失う星霜の書を、一度機械の力で転記する事で、安全に知識を得る方法を確立していたようなのです。

ブラックリーチの全体像。凄い所だ ムザークの塔のエレベーターで上に昇ると、無事地上へ。長かったブラックリーチも、ようやく攻略完了です。


オグマ・インフィニウム(12:12〜)

次なるおつかいは… セプティマスにキューブを返すと、封印がどうこう言います。
どうやら、エルフ族の血液一揃いで、セプティマスがずっと開けたがっていた扉の封印を解く事ができるようです。

と言う事で、セプティマスから今度は血液を集めるように依頼されました。
この中には、彼の求める心臓があるそうですが…ロルカーンの心臓?

いざ出かけようとすると…

DLCでも登場するハルメアス・モラ。(この時点ではDLC未導入です) ハルメアス・モラ登場。セプティマスをここに連れて来たデイドラです。
彼によれば、その封印さえ解けばセプティマスは用済みで、次はゆっくリンデを自分の下僕にしたいようです。

とりあえずハルメアス・モラは無視して、エルフの血集め。動画の通りもう一度アルフタンドに潜れば、ほとんど集まります。
…まあ新鮮な血液じゃないかも知れませんが。

オグマ・インフィニウム こうして血液を集めてくると、セプティマスはためらいも無く自分の身体に集めた血液を輸血。
そして、封印された扉が開くのでした。

しかし、そこに有ったのは心臓ではなく、一冊の本。
セプティマスは何かを言いかけて消滅してしまいます。

そして、再びハルメアス・モラが。彼は結果に満足し、この本「オグマ・インフィニウム」で共に奇跡を起こそう、と言って消えていきました。

これにてPart41終了。
オグマ・インフィニウムは選択した分野のスキルを一律5上げてくれる優れものですが、今回は使いません。

次回、Part42はやっと手に入れた星霜の書で、アルドゥインを倒す可能性を秘めたシャウト「ドラゴンレンド」が明らかになります。


コメント返し

場所頂いたコメント回答
原子分解検証静かなる街は不気味情報が一切存在しないために、色々想像の余地の多い静かなる街。
ドゥーマーの時代にはどんな生活が送られていたのか、召使い達は何なのか、色々分からない事だらけです。
やはり、召使い達はファルメルに無理矢理奴隷にさせられたんでしょうかね。
原子分解検証ザラキ!いやー私も「試しにやってみよう」と軽い気持ちでやったんですが、衝撃でした。
ちなみに、最初は旋風の疾走で駆け抜けて直線上の敵を一掃…ってやりたかったんですけど、途中の敵はすり抜けちゃって原子分解しないんですよ。残念です。
原子分解検証検証乙どうにも私は疑り深く、自分の目で確認しないと気が済まない性分なのです。
しかし、そんな性格がこうして動画の役に立って、皆さんに評価していただいて、本当に良かったと思っています。
静かなる街殲滅戦アサシンゆっくリードうむ、やはりネタ被りでしたか。
旋風の疾走の空中歩きは、他にも応用が効きそうな気がするんですよね。
静かなる街殲滅戦こんなことをしている場合ではない+レベルEなんかもう、べたべたのネタですいません。
その後の「ベッタベタです…」も、ご指摘通り「レベルE」ネタです。
今回パートは何だかネタに節操が無かったですね…
静かなる街殲滅戦ヴュルスリョル知らなかったはい、ネットで調べない限り絶対見つからないであろう隠しドラゴン、ヴュルスリョル。私も当然一周目は気付かずに終わりました。(というか、静かなる街自体行きませんでした)
このドラゴンも、何故ここに居るのか、想像を掻き立てられる存在ですね。今回はネタ演出のため、何とも締まらない最後を迎える羽目になってしまいました…
オグマ・インフィニウムドラゴンボーンのDLCでハルメアス・モラが変わるそんな仕掛けが有ったんですねえ。見ての通り、私はこの時点でDLC未導入でした。
DLC、早く遊びたいですが本シリーズ終了までは我慢です。
オグマ・インフィニウムザーシス?コメントによると、どうやら「ザルクセス」みたいですね。
ザルクセスはオグマ・インフィウムの著者のようですね。その知識はハルメアス・モラから与えられたようです。

Part40へ← →Part42へ


Last-modified: 2013-04-16 (火) 16:46:00 (2344d)