※ゲーム画像はクリックで拡大表示されます。
↓ご視聴はこちらから↓

Part36ができるまで

ついに最終章、第三部です。二週間程お休みを頂き、いざメインクエストの消化へ。

第三部に当たっては、メインクエストを最後まで進めると言う事で、ある程度道筋は付いていました。
最終回まであと何パートか、エンディングをどうするか、とか…

そして、第三部になった事が分かりやすくなるよう、オープニングも変えることにしました。
といっても、以前は静止画だったのを動画に変えただけですが。
今回のパートのみ長め、以降は短縮版オープニングになっています。

それとは別に、まとめWikiを作ってみました。言うまでも無く、このサイトです。
動画の説明文って、意外と文字数制限がきつくて、コメント返しをしたいなあ、と常々思ってました。


第三部オープニング(0:00〜)

新オープニングのヒトコマ 第三部開始と言う事で、リニューアルしたオープニングから。 分かる方は分かると思いますが、同じXBOX360の「アランウエイク」のパク…オマージュです。
この「アランウエイク」も面白い作品ですよ。

オープニングでは、今までの冒険の粗筋をなぞっています。
アークメイジになるまでの第一部、従士を目指した第二部。

メインクエストは、サルモールの晩餐会に潜入(強襲)して、エズバーンの存在を突き止めた所で止まっていました。


リフテン巡り(1:35〜)

ムーンシュガー再び エズバーンが居るのはリフテンのラットウェイとの事。
ラットウェイは分かりませんが、リフテンは冒険の初めの頃に随分お世話になりましたし、第二部最初の舞台ともなりました。

久しぶりなので、少し巡ってみましょう。

おっと、ムーンシュガーが復活してます。これは嬉しい。相変わらず盗品ですが…
例によってエルスウェーアフォンデュにしてしまえば大丈夫!

バリマンド様!! Part3以来の登場、バリマンド様。
相当時間が経ってしまいましたが、炎の塩鉱石が10個集まったので渡します。

これでゴールドも貰えますし、その後結婚候補となってくれます。
相思相愛…と言いたい所ですが、あまりにも疎遠だったので破談。
バリマンド様、無念。

初めての家 気が付けば、1万9千ゴールドも溜まってました。

今後購入予定なのは、
 ・破壊術の達人(ブリザードとライトニングテンペスト)
 ・破壊術の指輪(大)※
 ・破壊術のサークレット(大)※
  ※敵や宝箱から手に入ったら不要

といった所で、十分資金に余裕が有ります。
そこで、思い出深く立地も最高なリフテンの家、ハニーサイドを購入しました。

これで念願の一人暮らし…ではなく、私兵のイオナが待機済みです。


エズバーンを訪ねて(4:56〜)

本動画では脇役のブリニョルフ リフテンも一巡りしたので、エズバーンを探してみる事に。

誰が知っているのかと悩んでいたら、向こうから話しかけてくる人物が。
盗賊ギルドでおなじみ、ブリニョルフです。

破壊魔法縛りのゆっくリンデに対して隠密やら開錠やらスリやらを要求してくるブリニョルフ。
当然こちらは何も出来ません。

そこで失敗ルートを選択します。
失敗するには、途中で衛兵に捕まるか、エリアチェンジをするかです。
ここはエリアチェンジで。ついでにエルスウェーアフォンデュも作ります。

不運続きのブリニョルフ ブリニョルフの企みは失敗し、小言を言われます。
しかし、ブリニョルフはそれでもゆっくリンデに盗賊の才能を見たらしく、勧誘してきます。

とりあえずここは、ブリニョルフの言葉に従ってラグド・フラゴンまで行く事になります。


ラットウェイ(仲間紹介)(8:16〜)

恒例の三属性守護者紹介:炎のマーラ エズバーンの居るラットウェイまでの道には少しばかり敵が。
第三部一回目と言う事で、この動画における各属性の守護者達をご紹介。

まずは炎。聖女のつもり、マーラ。

このあとラグド・フラゴンでブリニョルフに会い、エズバーンの居場所を聞きます。ラットウェイの一番奥、ラットウェイ・ウォーレンズとの事です。

三属性守護者紹介:氷の王子 ラットウェイを進むと、なんとサルモールが。どうやら、既にエズバーンの事を嗅ぎ付けていたようです。

期せずしてエズバーン争奪戦となりました。では今度は氷の出番。
デイドラ?の王子、ベ○ータが相手です。

三属性守護者紹介:雷のマグナス? 最後は雷のマグナス?のチェインライトニング連鎖!

マグナスはいつの間にか二人組みになっています。仲良くできるのでしょうか?

後は、愛馬赤兎にナビゲーターの「わたし」、いつの間にかレギュラーになってたシェオゴラスとなっております。


エズバーン(9:58〜)

元ブレイズの公文書保管人、エズバーン そして辿り着いたエズバーンの隠れ家。
いきなり門前払いを喰らいますが、適当に会話してれば中に入れてくれます。

エズバーンは、アルドゥインの復活を世界の終わりの始まりと考え、絶望しています。
しかし、ゆっくリンデがドラゴンボーンであると分かると、彼女に望みを託し、一緒にデルフィンの元へ。

サルモールが再び襲ってきますが、エズバーンは召喚魔法も使えるので行きより楽になるでしょう。


リバーウッドへ(14:22〜)

リバーウッドへの道 ラットウェイを抜けたら、二人でリバーウッドに向かいます。

高速移動で一瞬ですが、このタイミングで30年前の大戦の始まり(ブレイズの壊滅)について聞くことが出来ます。

また、この時にドラゴンを倒してドラゴンソウルを吸収すると、エズバーンがドラゴンバーンだと認めてくれたりするので、飽きるまでは2人旅も良いでしょう。

再会を果たした二人 そして遂に再会した二人。他にブレイズの生き残りが居るのかは定かでは有りませんが、少なくともスカイリムのブレイズはこの2人だけのようです。

これにてPart36、第三部の完了です。
さて、エズバーンの持つ情報とは?アルドゥイン打倒の秘策は?

詳しくは、次回Part37となります。


コメント返し

場所頂いたコメント回答
全般まとめサイトについてデザインまで考慮してサイトを作るのは初めてでしたので、好評なようでほっとしました。
コメント返しはずっとやりたかったのですが、コメント欄は小さいし、動画の中でコメント返しはしたくなかった(動画が長くなる)ので、思い切ってこのような形としました。
リフテン巡りバリマンド様もうちょっとで結婚だったバリマンド様。残念でした!
コメントにもありますが、言うほど年寄りには見えませんね。良い人なんですが、結婚するほどの展開が…クエストで絡みとか有ったら良かったんですけどね。
リフテン巡りイリア不人気リディア以外の私兵は、何の前触れも無くいきなり購入した家に登場しますからね…。思い入れが少ないのは致し方ありません。
せめてスクーマ密売ルート潰しの時に共闘とかの展開とかあれば良かったのですが。
エズバーンを訪ねてブリニョルフ失敗ルート盗賊ギルドでおなじみのブリニョルフ。彼の依頼をきっちりこなすと、報酬はもらえますが、ブラン・シェイが投獄されてしまいます。
話を聞くと分かると思いますが、ブラン・シェイはかなりの苦労人で、人柄を知ってしまうとちょっと可哀想になります。
それに、今回のように失敗した時の展開を見た事が無い方も多いのではないでしょうか?
ラットウェイ(仲間紹介)あの二人が組む第一部最後に登場したアム○と、第二部最後に登場したクワト○。
前から考えてはいたのですが、やはりこの二人は組ませたい。例え仲が悪かったとしても…
という事で、ここは私の趣味を最優先しました。
リバーウッドへブレイズ再会エズバーンから30年前の話を聞くと、デルフィンの異常なサルモールへの復讐心も、少しは納得のいくものに…?
サルモールがデルフィンを逃したのは、色んな意味で失敗だったのでしょうか?

Part35へ← →Part37へ


Last-modified: 2013-04-02 (火) 16:07:00 (2358d)