※ゲーム画像はクリックで拡大表示されます。
↓ご視聴はこちらから↓

Part25ができるまで

前回ファルクリースの従士になったところで、一旦従士関連のクエストは終わりです。
ソリチュードのクエストが一つ残ってますが、レベル10になる必要が有ります。
(厳密には、「狼を呼びし者」クリア時のレベルから+2になること。)

そのため、レベルアップを狙ってそこそこの敵が出てくるクエスト、「赤鷲の伝説」をやってみます。副題はそのまんま。


赤鷲の伝説(0:31〜)

「赤鷲の伝説」始まり 今回はレベルアップを主目的として、「赤鷲の伝説」を行います。
このクエストは、同名の本を読むとスタート。

第一紀、リーチの王ファオランはハグレイブンの力を借りて帝国と死闘を繰り広げるも敗退、死に際に自身の剣をリーチの民に託し、いつか剣と共に復活する事を誓ったのでした。

ロリクステッドを経由して、目的地に向かう事にします。
その前に、ファルクリースで偶然「破壊術のサークレット」を見つけたので購入。久しぶりの装備更新。

更新後の装備はこちらです。

戦闘準備 さらに、氷と雷のマントも買い、精鋭レベルの魔法までコンプリートしました。

動画の中ではマントは使う予定無しと話していましたが、後でよくよく効果を調べてみたらとんでもない。
終盤まで一線級の性能であることが分かりました。詳しくは第三部で。

更に、スキルアップを早めるためにいつもの大公の石碑は外し、魔術師の石碑(魔法スキル上昇+15%)にしています。
ちょっと打たれ弱くなりますが、何とかなるでしょう。


ロリクステッドから赤鷲の要塞へ(2:55〜)

ついに正式メンバー入りのシェオゴラス氏 中継地点のロリクステッドに来ました。
ここの宿屋で休息ボーナスを付ける事で、さらにスキルアップが早くなります。

前述の通り、今回は大公の石碑を外しているので、ベ○ータ王子はお休みです。
それはそれで寂しいので、○ジータ王子の替わりにある人を呼びました。

…狂乱のデイドラの王子、シェオゴラスで(以下略

ワバジャックの力を見よ! 勝手に同行してきたシェオゴラスと一緒に、赤鷲要塞にやってきました。

本当はスキルアップが目的ですが、シェオゴラスがうるさいのでワバジャックを使う事に。
ワバジャックは振る度にランダムで効果があります。
私は見た事ないですが、相手をスイートロールにする事もあるみたいですね。

フォースウォーンとの死闘 赤鷲要塞はフォースウォーンの拠点となっており、かなりの数と戦う事になります。

動画でも言ってますが、私はフォースウォーンが苦手で、できれば戦わずに済ませたい相手です。
まあ、一週目の脳筋プレイの際、彼らにボコボコにされた苦い経験が主ですが。

今回のプレイでも、フォースウォーンが出てくるとどうしても身構えますね。

ブライアハート撃破 一番奥には、ボス格としてフォースウォーン・ブライアハートが居ました。

魔法の扱いにも長けた、厄介な相手。基本は一対一です。
ちなみに、ハグレイブンに改造された人造人間という設定のようです。

他ならぬファオランがハグレイブンと手を組んで帝国に立ち向かったと伝説に有りますが、もしかしたら彼もブライアハートに改造されていたのかもしれませんね。

赤鷲の復活手順? 途中、破壊スキルが60に上がりましたので、保留しておいたスキルポイントで「炎強化2段階目」を取得。
これで炎の強化が完了します。他の属性強化が完了するまで、炎がダメージソースの中心的存在となります。

このブライアハートは「赤鷲の憤怒」という剣を持っていました。
そして台座に置かれた本には「反逆者の積み石で、この剣を捧げればファリオンは復活する」とあります。

伝説の真偽を確かめるべく、反逆者の積み石へと向かいます。


赤鷲との対決(9:44〜)

赤鷲は今、復活する 反逆者の積み石に行くと、剣が刺さりそうな台座が有ります。ここに先ほどの「赤鷲の憤怒」を刺すと、秘密の入り口が開き…

復活した赤鷲と対決となります。
思えば彼の死はもう何千年も前の事。今更復讐等と言っても仕方ないでしょう。

彼の従者と思しき4体のスケルトンも出てきますが、普通のスケルトンなのであっさり死にます。

さらば赤鷲 さて復活した赤鷲はどうみてもドラウグル。

お供がドラウグルでなくスケルトンなのは、彼らがリーチの先住民(後のフォースウォーン)であって、古代ノルドのような埋葬の文化が無かったためと思われます。

では赤鷲は?実はノルドだった?この辺の事情は情報不足で分かりません。

とにかく、赤鷲を倒します。今回の決め技は、三属性すべて使いきりのコンボ、「雪月火」でとどめ。
頭上に設置した雷の罠を、月と見立てております。

クエスト報酬、「赤鷲の破滅」。使わないけど。 こうして赤鷲を倒す事に成功しました。

レベルアップには破壊スキルが1足りませんでしたが、以前ウラッグから報酬として貰ったスキル本、「ベロのスピーチへの反応」を読んでスキルアップ。無事レベル10となりました。
今回のスキルでは雷撃強化(1段階目)を取得しました。

最後に台座から剣を抜くと「赤鷲の破滅」が手に入ります。

これにてPart25完了です。
予定通り、レベル10に上げる事ができました。
これでソリチュードの「狼を呼びし者」クリア時からレベルが2つ上がったので、続編のクエストを受けられます。

そう、以前の儀式は中断した訳では無かったのです。


コメント返し

場所頂いたコメント回答
最初修行が腫瘍に聞こえるはい。私も気になってました。
Softalkというか内部で使っているAquesTalkの仕様っぽく、鼻濁音に補正がかかるみたいですね。
シリーズ途中でカタカナ表記で補正が切れる事を知ったので、後の方のパートのガ行は普通に聞こえると思います。
赤鷲の伝説フォースウォーン強いですよねー。初見の時はただの蛮族にしか見えなかったのに、瞬殺された苦い思い出が…。
ロリクステッドから赤鷲の要塞へシェオゴラス参戦やっぱりこの人は放っておけなかったのです。
ちなみにドアの開閉モーションには結構力を入れました。どうでも良いですね、はい。
ロリクステッドから赤鷲の要塞へブライアハートこちらのレベルが上がってくると凶悪な強さになるブライアハート。
今回はこちらのレベルが低いので、まだ何とかなりますが…
(ちなみにブライアハートは、こちらのレベルが24になると一段階強くなるようです。)

今回は大公の石碑を外してますので、この動画の影では幾多のゆっくリンデの屍が転がっているのです。
ロリクステッドから赤鷲の要塞へ魔法でメモ吹っ飛んだはい、実は私も吹っ飛ばして行方不明になりました。
動画はメモ読むとこだけ別撮りです。時間帯が違うので、ここだけ色彩が違うのが分かるかと思います。
赤鷲との対決スケさんスケルトン、まさかのボス付き添いとして登場、それも4体。
さてはユニークスケルトンか?と期待させておいて、あっさり死んでしまう彼ら。
あまりにも可哀想なので、セリフを付けてあげました。

Part24へ← →Part26へ


Last-modified: 2013-03-07 (木) 16:14:00 (2384d)